FC2ブログ

なでしこ粘って逆転 サッカー東アジア選手権

ここでは、「なでしこ粘って逆転 サッカー東アジア選手権」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000095-san-spo
 ■沢決勝弾 五輪へ信頼感

 灰色の空が大気の悪さを連想させる。濡れた芝に疲労もピークに達していた。後半37分、やっとの思いで同点に追いつき、気が緩みかけた時だった。

 「もう1点取ったら勝てるよ」。MF宮間のひと言にMF沢はハッとした。「今持っているものをすべて出せ」。試合前の佐々木監督の言葉も耳に残っていた。ロスタイム。「とにかくシュートを打たないと入らない」と沢。頭で考えて狙ったわけではない。足がボールを浮かせていた。

 昨年12月、内部昇格の形で佐々木監督が就任して日本女子は変わった。昨年9月のW杯の反省をもとに、組織的にボールを奪うことを主眼に強化を進めてきた。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億選手の個性やプレースタイルは熟知している。だからこそ、安藤をMFに上げ、大黒柱の沢をボランチ役に指名するという“手術”が施せた。

 W杯で日本女子が「ARIGATO 謝謝 CHINA」と書かれた横断幕を掲げて、反日感情むき出しのスタンドに謝意を示した行動は中国国内でも話題となった。だが、今回はそんなパフォーマンスは封印し、プレーで観客に訴える。

 「相手のボールを集中して奪うこともまだできていないが、(沢の決勝点に)なでしこの精神的な強さを感じた」と佐々木監督。指導者との相性でいかようにも変わるのが女子の不思議なところだ。北京五輪に向けて指揮官と選手の信頼感がさらに深まった。(川越一)


【関連記事】
・ 女は強し!なでしこジャパン“沢弾”で格上北朝鮮に劇勝!
・ 「北京ではメダルを」 なでしこ新監督に佐々木コーチ
・ なでしこ“フェアプレー”が波紋 W杯
・ 岡田監督、強気発言連発!前回中国Vも「知らなかった」
・ 岡ちゃん中国警戒…ブーイングは「もっと凄い」一問一答

◆相性関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiaisyo.blog122.fc2.com/tb.php/1289-264c0bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。