モナーク重賞連勝!完全開花…ダイヤモンドS

ここでは、「モナーク重賞連勝!完全開花…ダイヤモンドS」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ◆第58回ダイヤモンドS・G3(17日、東京競馬場、芝3400メートル、良) ハンデ戦で行われた。1番人気のアドマイヤモナーク(安藤勝)が直線坂上から一気に抜け出し、日経新春杯に続いて重賞を連勝。春の天皇賞(5月4日、京都)に力強く前進した。接戦になった2着争いは、コンラッドがレーザーズエッジを鼻差抑えた。

 2周目の直線入り口。アドマイヤモナークは抜群の手応えで最後の坂を迎えた。それまで背中を丸めていた安藤勝は、待ってました、とばかりに手綱をしごくと、どうだ。脚勢がまるで違う。この時点で勝負あり。後は弾けるように伸びて、ライバル13頭を置き去りにした。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億

 ゴールを過ぎてからも、勢いは止まらない。涼しい顔で向こう正面まで流して行った。恐るべきスタミナだ。「いつでも出られる手応え。直線坂下で大丈夫と思った」安藤は今年3つ目の重賞制覇を冷静に振り返った。

 重賞初挑戦が3年前のこのレース。その後、昨年のステイヤーズSまで10回挑戦したものの、厚い壁にはね返され続けた。だが、7歳になった今年、一気にブレーク。前走の日経新春杯で念願のタイトルを獲得すると、この日もトップハンデの57・5キロを背負ってこの強さだ。

 松田博調教師は「状態が特に変わった訳ではないが、最近はゆったりしておとなしくなった。体も柔軟性がある。このまま行ってほしい」と成長に目を細めた。

 当面の大目標はもちろん、3200メートルのG1、天皇賞・春...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆相性関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiaisyo.blog122.fc2.com/tb.php/1268-7a560071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。